霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多い

例えばどんなに素晴らしい霊園だったとしましても、お墓参りに行く時にあまりにも遠かったらかなりキツイですよね?
それとは逆に近所にあっても管理状況の悪い霊園では後悔をしてしまいますので、慎重さを持って選んでください。 家を建てる時と同様に、お墓を建てる方角というのも気になることかと思います。
お墓の方角には様々な説が存在していますが、どの方角が最も良いのかをある程度知っておくようにしましょう。

 

お墓というのは一般的な考え方として東向きか南向きが良いと言われています。
常識的に考えましてもそんな理論となり、お墓だけに限ったことではなく、霊園選びの段階でも注意をしましょう。

 

霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多く、決められている向きの方角でしか建てられないケースがあります。
このことから民間霊園を選ぶ際には、墓所の問題というのはある意味で社会の問題と考え、方角にそこまで拘らないことも大切です。



霊園の管理やその地形によって背中合わせの区画となる霊園が多いブログ:220925

「シェイプアップ中は間食を控えるべき」
というのは、みなさんご存知だとは思いますが…

ついつい間食してしまうという人は、
ご飯を食べてから数時間でウエストがすいてしまい、
手軽にウエストを満足させるために、
おやつなどを食べることが多いですよね。

食後数時間で肉体の脂肪がエネルギーとして使われ始めますが、
砂糖を多く含む食品を食べることで、
インスリンが分泌されて肉体の脂肪燃焼がストップしてしまいます。

つまり、
しょっちゅう間食をしている人は、
体脂肪が燃焼する暇を与えないので、
体脂肪が燃焼しにくい肉体になっていくわけです。

また、ウエストがすいている時に食べるので、
ついつい食べ過ぎてカロリーオーバーになります。

砂糖を多く含むおやつなどを食べれば血糖値は急上昇し、
インスリンが多量に分泌されます。

同じ糖質でも、
ごはんなどに含まれるでんぷんより、
砂糖のほうが消化吸収が早いので、
ごはんよりもおやつのほうが急激に血糖値が上昇します。

砂糖を多く含んだおやつなどを食べることで
急激に上昇した血糖値は、インスリンの分泌によって急激に下がります。
血糖値が急激に下がれば、すぐに空腹を感じます。

砂糖を多く含む食品は、一時的にはウエストが満足しますが、
意外と早く空腹を感じる(腹持ちが悪い)ので、
以降のご飯を減らすことが難しくなり、
結果として、カロリーオーバーしやすい食生活になってしまうのです。

こうして食生活が極端に糖質を多く含む食品に偏ると、
インスリンの過剰分泌によって血糖値が下がるのも急になりますので、
肉体の脂肪がエネルギーとして使われる間もなく…

「激しくウエストが減る→間食する」
という悪循環に陥ってしまいます。


ホーム サイトマップ